【ガルガンチュワ物語】

骨まで愛して

e0167258_2152041.jpg

初めて音楽に興味を持ったのは小学校の音楽の時間に聞いた滝廉太郎だった。
「歌曲集四季」の1曲「花」と「荒城の月」を聞いた時、
当時は何だかよくわからないけど、メロディーが胸にしみました。
そうだれでも知っている、「春のうららの隅田川」と「春 高楼の花の宴」です。
授業が終わったあと先生にせがんでテープをもらったのを覚えています。
それから数年後、僕は一人のボーカリストと出会いました。
あぁ〜〜〜〜〜「KOJI TAMAKI」です。
彼のことが好きになったのも、何だかよくわからないけど胸にしみるメロディーだと思います。
それと、あのどこかに穴が開いて空気がぬけているかのような、魅力的な声です。
最近「KOJI TAMAKI」のプライベートでのニュースを聞き、ちょっとずっこけてしまいましたが。。。
やっぱり、彼は良いな〜と思えた今日この頃です。
それではどーぞ
http://www.youtube.com/watch?v=aeEr1I7slfo
[PR]
by gargantua88 | 2009-11-13 22:38 | 釧路市内