【ガルガンチュワ物語】

優しさ

先日書いた様に、村上春樹の小説を2冊読みました。
「風の歌を聴け」1979年
「ノルウェイの森」1987年
生と死、流れる時間と一瞬のなかに在る永遠。人生の哀しさと優しさと音楽。
僕の好きな宇宙を感じることができました。
とても、とても面白かった。
村上春樹の小説に出てくる登場人物がそこに立って歩き、呼吸し、鼓動している様でした。
今読めてよかった。
e0167258_1831288.jpg

[PR]
by gargantua88 | 2009-03-06 18:33 | ガルガンチュワ